生活エッセイ

紙派だった俺がKindleで電子書籍を10冊読んでみた感想【たくさん読みたい】

うほまる
うほまる
こんつわ!うほまる(@daishow_)です。

最近ブログを書き始めるようになってから本を読む機会が増えました

ブログに関するものもそうですが、他の人がどんな文章の組み立て方してるのかの勉強のために読むようにしてます。

 

その、

今は電子書籍としてタブレットにデータを入れて読む方法も段々と浸透してきましたが、まだまだ紙で読んでる人の割合の方が多いんじゃないかと思います。

俺も「別に紙のままでいいや〜」とか思ってたんですが

なんかAmazonプライムセールとかいう魅惑のお祭りが開催されててノリでKindle買ってしまいました……..。ので、10冊ほど買って使ってみての感想をまとめていきます!

 

うほまる
うほまる
紙派の読書家たちよ、一回使ってみ

電子書籍のメリット

部屋が広くなる

皆さんの部屋を見渡してください。

本が占領してるスペースって結構ありませんか?

部屋が狭い原因はそこにあるかもしれません。本ってめちゃくちゃかさばる。

でも電子書籍は一生タブレット1枚分のスペースしか使いません!すごい!

 

買うために外に出る必要がない

あっつい!!!!!!!

くても

サミイ!!!!!!!!

くても外に出て買いに行く必要がありません。

しかもAmazonにクレジットカードを登録しておけば1ボタン押すだけで瞬間的に購入できるので手続きに1秒もかかりません(すごい)。

片手でページがめくれる

Kindleであれば画面ワンタッチで次のページに行ったり前のページに戻ったりできます。

片手がふさがる人の多い電車なんかでめちゃくちゃ活躍します、この機能。

 

ドンドン読める

なんか読み終わるの早い気がする!!!(気のせいかも)

個人的にこれを感じる理由が、残りのページ数を把握しづらいからなのかなと思います。

俺は文字読むのが得意じゃないので、結構読み進めたつもりで残りページ数見て「まだぜんぜんじゃねえか!!!」みたいに思ったその瞬間読む気なくすなんてことが多々あります。

ただ電子書籍だったらページの厚さで嫌になる事がないんです。

読んだら押す。読んだら押す。の繰り返しなので、読み終わりの果てしなさを感じずに読み進めることができる気がします。本感がないがゆえの利点ですね。

書籍の値段がちょっと安い

AmazonのKindle版だと値段設定が定価よりも少し安くなってる場合が多いです。

発売から日が経ってるものだと半額ほどの値段になるものも。

 

電子書籍のデメリット

「あのシーンどんなだったかな」がしづらい

あのセリフ!!このページの描写の伏線になってる!!!!!読み返したい!!!!!!

がなかなかしづらいなーと感じます。

紙の本だったら手で持った時の左右のページバランスで読みたいページに遡れたりすると思うけど、当然電子書籍ではそれがわかりません。印象的なシーンはページ数を覚えておく必要があります。

触り心地、匂い。物としての本を楽しめない

・電子書籍なんてわかってねえよ

・ペラペラ紙をめくりながら読むのがいい

・あの匂いが大好き

めっちゃわかる!!!!!!!!!!!

あの質感大好きだし

重みも大好きだし

読書してる感!!が大好きだし

表紙の個性も大好き

本の内容だけじゃなくて本そのものが大好きな人にとっては電子書籍は違うと感じると思います。

まとめ

*メリット

 ・部屋の場所を取らない

 ・ネットで買ったらすぐ読める

 ・混んでる電車でも読みやすい

 ・読むスピードが上がった(気がする)

*デメリット

・読み返しづらい

・紙の質感が楽しめない(当たり前)

読書スタイルに合わせて好きな方で読めば良い

“本を読む”

と一言に言っても、その人によって目的が違いますよね。

本そのものが好きで「本を読む」をしたい人

読むことは好きではないけど勉強のために読んでる人

 

電子書籍は「勉強したい人」にオススメ

すぐ買えて、ガンガン読み進められて、電車でも読みやすい電子書籍勉強のために本を買いたい人にオススメです。

うほまる
うほまる
俺は紙も好きだけどこれからは電子書籍にして部屋の広さ重視しようかな

Kindleタブレットは1万円前後で購入できるので読書スタイルを変えてみたい人はお試しあれ

以上!